会社設立時の必要な経費

会社設立事務に係わる費用はできるだけ抑えたいもの。下記は「法定諸費用」として、ご自身で手続きしたときでも必ず発生する費用です。
手続きを代行される場合には、これに手数料がプラスされます。取扱先によって条件が異なってきます。

株式会社

定款認証印紙代 40,000円 定款に貼る収入印紙代です。*電子定款認証の場合はこの費用はかかりません。
定款認証手数料 52,000円 会社を設立するためには、認証を受けた定款を法務局に提出する必要があります。認証は、公証役場にて公証人が行います。
登録免許税 150,000円 会社設立時の登録免許税は、資本金の1,000分の7の金額となります。この金額が15万円に満たないときは、一律15万円となります。
謄本・印鑑証明代 2,000円 定款の認証を受けて定款の謄本を取得します。通常法務局提出分と会社控え分の2通を用意します。

合同会社

小規模事業者向け!設立費用が株式会社に比べて断然安い!

定款認証印紙代 40,000円 定款に貼る収入印紙代です。*電子定款認証の場合はこの費用はかかりません。
定款認証手数料 0円 株式会社と異なり、合同会社を設立する場合、公証人に定款の認証を受ける必要はありません。
登録免許税 60,000円 開業時の登録免許税は、資本金の1000分の7の金額となります。この金額が6万円に満たないときは、一律6万円となります。
謄本・印鑑証明代 0円 合同会社の場合も、定款の謄本(法務局提出分と会社控え分の2通)を用意しますが、公証人の認証が不要なので、費用はかかりません。

こちらも読まれています

会社設立を考えているあなたへ

会社設立の資金計画もしっかりと