会社設立時よくある相談

会社設立に関するよくある相談です。参考にしてみてください。

直接会って相談をしたいのですが、料金はかかりますか?
ご相談は全て無料でさせて頂いております。会社設立に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
また、場合によっては出張相談もさせて頂いておりますのでまずはお問い合わせ下さい。
直接会って相談をしたいのですが、料金はかかりますか?
ご相談は全て無料でさせて頂いております。会社設立に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
また、場合によっては出張相談もさせて頂いておりますのでまずはお問い合わせ下さい。
会計の知識や経験がないので開業後が不安なのですが、経験や知識が無くても大丈夫なのでしょうか?
もちろん!大丈夫です!
未経験者でも分かりやすいアドバイスと指導を心がけております。ご安心下さい!
会社設立したほうが良いか、個人事業主をしていくほうが良いか正直迷っています。どちらが良いのでしょうか?
基本的なメリット・デメリットはこちらを参照にして下さい。
会社にした方が良いのかは個人によってさまざまなケースがございます。メリットもあればデメリットももちろんございます。
一度プロにご相談頂くのが一番失敗しない会社設立の方法かと思います。
まずは一度ご相談下さい。もちろん無料でご相談させて頂いております。
開業までどれぐらいの期間がかかりますか?
お客様でのスムーズなご準備をいただければ最短2週間での会社設立も可能です。十分な時間をとって後悔のない会社設立をお勧めします。
どうしてもお急ぎの場合はお問い合わせ時にその旨をお知らせください。
今会社に勤めていますが、秘密で起業することは可能ですか?
登記簿謄本は誰でもとることができますので、勤め先に判明する可能性があります。
会社が登記事項証明書などを取らなければ知ることはできませんが、現在お勤めの会社の就業規則などに違反する可能性もありますので、設立の際にはお勤めの会社に設立をしても問題がないかをご確認されることをお勧めいたします。
定款という言葉を良く聞きますが、なんでしょうか?
社団たる法人の目的,内部組織,活動に関する根本規則又はこれを記載した書面若しくは電磁的記録に記録したものを定款といいます。会社では,設立に当たって定款を作成する必要があります。
定款は,発起人,社員,設立者等が書面,又は電磁的記録に記録する方法で作成し,書面によるときは発起人らがこれに署名又は記名押印しなければなりません。(会社法26条1項,575条1項)

こちらも読まれています

会社設立を考えているあなたへ

会社設立の資金計画もしっかりと