新着情報・お役立ち情報

人材雇用の知識不足で思わぬ出費

2010/7/15

仙台市 会社設立 @ 仙台 小山

●時期
開業後1年

●失敗例
サービス残業と学生アルバイトの保険未加入が発覚し予想外の出費10万円・・・

大学在学中にソフト制作会社を立ち上げました。 従業員はほぼ学生のアルバイトで、食事をご馳走してやれば不眠不休で働いてくれてとても助かっていました。

2年後に大学を卒業し、いよいよ事業に専念できると思った矢先、労働基準監督署から「サービス残業分の支払いをするように」と勧告がきました。

さらに、労災保険も経営者全額負担で入れとの指示。2年も前の話を今さら、それに労災保険の対象は社員だけだと思ったいたのに。

●改善案
社会保険の加入は義務です。採用にも影響します。

中小企業では徹底されていないところありますが、パート・アルバイトなどの非正社員でも1名以上を雇っている事業主には社会保険加入が義務づけられています。

最近は、労働基準監督署のチェックも厳しくなり従業員から「残業代をもらっていない」と訴えられるケースもあります。

それだけでなく、正社員並みに活躍してくれる人材を雇いたいと思うなら、労災保険への加入はもちろん、雇用保険(労働時間が週20時間以上、かつ1年以上雇用の見込みがある場合は非正社員でも適用)や健康保険、厚生年金保険といった福利厚生を整備しておくべきです。

詳細は、各地域の社会保険事務所や労働基準監督署など行政機関で専門家に確認しておきましょう