新会社法について

新会社法で4つのお得!!

わかりやすい新会社法

資本金1円で株式会社ができる!

株式会社をつくるのに必要だった最低資本金1千万の決まりがなくなり、資本金を気にせず起業できるようになりました。
ただし、資金繰りに困らないようにある程度資本金は準備が必要です。

会社の身の丈があった機関設計ができる!

役員がひとりだけという形の株式会社が、正式に認められることになりました。これで、株式会社になるために名前だけ借りていた、他の取締役や監査役などが必要なくなります。

設立手続きがグッと簡単になりました!

類似商号のチェック(同一地区内で同じ名前の商号はNGだった)や、出資金の払込保管証明書の発行(登記の際に必要だった)などが不要となり、コスト的な面でも軽減されています。

合同会社であれば設立費用を抑えられ、税制上のメリットは株式会社と同じ!

小規模な会社向けに人気のあった有限会社は、新会社法施行後は新たに設立することができなくなりましたが、有限会社に代わる小規模な会社として合同会社が設立できます。合同会社も税制上の取扱い(税制上のメリット)は株式会社と同じです。

こちらも読まれています

会社設立を考えているあなたへ

会社設立の資金計画もしっかりと