会社設立の一般的な流れ

前準備!会社設立までの一般的な流れを知っておきましょう!

会社設立までには多くの手続きが必要。事前に準備しておくことで慌てずにすむことも多いので流れを確認しておきましょう。

会社設立の無料相談・ご面談

起業を目指して準備を進めている方は、多くいらっしゃると思います。
起業する際に、多くの方は株式会社として会社設立を検討していると思います。
会社設立登記自体はご自分で手続きを進めることが可能です。ご自分で会社概要・定款・登記書類を作成し、各機関へ申請することで会社設立登記が可能です。
しかし、ご自分で手続きした方が安く会社設立できると思っていませんか?
以外と専門家に任せた方がメリットが沢山あり、安く会社設立できるのです。

開業にあたっては、事業をいつまでに、どのように、どのくらいの規模にしたいのか、などできる限り明確にイメージすることが、成功のポイントです。
無料のご相談もお受けしておりますので、是非ご検討をお願いします。

会社設立お申込み~会社設立登記

会社概要の決定

事業内容を様々面から検討し基本的事項を決定します。

商号・目的確認

法務局で「類似商号」・「事業目的」の適否などを確認します。

登記書類の作成

定款・登記書類の作成を行います。

定款認証

公証人役場で定款の記載内容が、法律等で定められたとうりに記載されているかという証明をもらいます。

設立登記申請

法務局にて会社設立登記申請をします。1週間ほどで「登記簿謄本」「印鑑証明書」が取得できます。

会社設立後の諸届出

会社設立後3ヶ月以内に
税務署・都道府県税事務所・市長村役場への届出をします。

会社設立完了!

【 顧問契約 】
いよいよ事業スタートです!

税務顧問契約を結んでおき、円滑な事業スタートを!

事業を軌道に乗せるためにやらなければいけないことは山積です。
税務顧問契約を結んでおくと、開業後の経理・会計業務から決算まで基盤のしっかりとした会社運営を行うことができます。経理サポート・決算申告から税務調査まで、会計業務サポートもお任せいただき、事業に安心して専念してください。

創業時の助成金申請もご相談ください。

こちらも読まれています

会社設立を考えているあなたへ

会社設立の資金計画もしっかりと